ブログ

2015.03.16

名古屋あんかけロコモコのソース「あんかけロコボウル」と あんかけスパゲティソースの「あんかけスパミー」を  ネットからご購入いただけます。ホームページ右上のShoppingタグから入ってご覧下さい。  http://store.shopping.yahoo.co.jp/k-aloha/

ブログ

2015.03.10

1951年のある日、数人のヒロ高校生の常連がナンシー・リチャード井上夫妻の営むリンカーン・グリルに入ってきた。「腹がペコペコだから、なんでもいいから35セントでできるものを食べさせてくれ」と頼んだ。親切なナンシーは、かわいそうに思い、サイミンボール(ラーメン鉢)にたっぷり熱いご飯を入れ、その上にハンバーグと卵の目玉焼きを置き、リチャードが大量に作っていた牛肉のブラウングレービー(たれ)をかけて、若者たちに出した。彼らは目を見張って驚きながら食べはじめ「これはうまい」「これはすごい」と米一粒も残さず食べた。彼らはそれをロコモコと名付けた。

リチャードは、ロコ・モコという名は、「ロコモーティブ」(機関車)という単語のような活気のある若者を象徴しているから、みなから受けたのだと言っている。ハワイの若者たちは、ピジン(混成語)で「ローカル」(土地の人)を短く「ロコ」と言うから、地方色のある愛称とも言える。

ロコ・モコがリンカーングリルで始められてからしばらくすると、ヒロの至る所のレストランやスナック・バーでロコ・モコが売られ、また、学校のカフェテリアのメニューにもなった。そしてまもなく、ロコ・モコは他の島にも移入され、ホノルルのたいていのレストランのメニューに入り、米本土でもロコ・モコが食べられるようになった。(集英社「ハワイ・マナ」より)

今 日本でも空前のハワイブームが巻き起こり、ロコモコは誰にも人気のメニューになった。

K-Alohaでは、デミグラやトマトケチャップ、ウースターソースに流されることなく基本に忠実に、肉の旨みをしっかり引き出したビーフグレービーソースをベースにして、何日もかけてロコモコソースを作ってきた。

2013年の名古屋めし博覧会 新なごやめし総選挙での敢闘賞を機にロコモコソースに同じくオリジナルのあんかけスパゲティのソースをミックスした「名古屋あんかけロコモコ」が大好評になり、ソースをレトルトパックにして販売開始。2015年 春には、一人用手土産レトルトパックも販売の予定。

ハワイ島ヒロにある カフェ100 の原型ロコモコ


2015年3月発売のマクドナルドのロコモコバーガー

名古屋の老舗ハワイアンカフェ KaLaPaNaで作られるオリジナル あんかけロコモコソース

ページトップ